cart
Fatima Morocco
  • HOME>
  • INFORMATION>
  • NEWS

モロッコの子供たち
ボスブログ

5月17日

モロッコの子供たち

モロッコは子供天国です。
モロッコ人は子供好きが多く、1家族の子供の数も、日本と比にならないくらい多いです。
自分の子も隣の子も良く面倒を見て、とても可愛がります。
子供と一緒にいると助けてくれる人も多い気がします。
モロッコ人に対していろんな気持ちがありますが、良いところは?と聞かれたら、まず思い浮かぶのはこの世話好きなところでしょうか・・・。
私に子供がいないせいか、子供と接する機会が自分の姪っ子たち以外なかったのですが、モロッコに通いだして、うんと身近になってきました。
町に子供たちが多いということもありますが、一番の理由は、マラケシュ在住のスタッフ・ヌハちゃんの子供たちがいたからです。
この子たちのおかげで、母親の疑似体験をさせてもらっています(笑)!

最初に出会ったのは9年前。
その当時はまだ3つになったばかりの男の子と、5歳の女の子でした。
お姉ちゃんはカタコトの日本語を話しながら飛び回って動き回る、まるでお猿さん?っていう感じの落ち着きのない子(笑)。
弟はいっつも泣いてばかりいて、ママがいなとご飯も食べないママっこで、慣れるまでに時間がかかりました。

その時から9年間、年5~6回モロッコに行き毎回2週間程度の滞在は主にヌハ宅。
子供の成長とともに、私のなんちゃって東京の母親っぷりもすっかり板についてきました(笑)。

上のお姉ちゃんがママや弟と離れて、初めて私と一緒に飛行機に乗って日本に来たのが6年前。
マラケシュでママとバイバイした後、車の中で泣いていたのを覚えています。
でもそのあと日本を満喫して、帰りは九州のおじいちゃんとモロッコに帰って行きました。
その翌年は泣き虫の弟君も勇気を出してママと離れて、お姉ちゃんと私と三人で日本へ。
その翌年は初めて2人っきりで日本へ来ました。

それからお姉ちゃんが一人で来ること数回、そして絶対に一人では無理って言ってた弟君が、今年初めて一人でやってきました。

お姉ちゃんのときにはなかったのですが、羽田に迎えに行ったとき、出口から出てきて顔を見たら泣きそうになりました。感無量でしたね。
子供の成長は本当に早いですね。。
泣き虫だった子がこうやって一人で来るなんて!!
そしてお転婆のお姉ちゃんはすっかり大人っぽくなり、家のお手伝いも、お勉強もできる、ファッション大好きな女の子になりました!

最近は二人ともすっかり大人びているので、嬉しいやら寂しいやらですが、これからの成長もまだまだ楽しみにしています。

そして昨年こんな子が仲間入り(笑)

この子が一人で日本に来るのは、いつになるか、これまた楽しみが増えました。
来週この子たちに会えるのが待ち遠しいです。

PRODUCTS
商品一覧

Topへ